◆イダシュベツ川〜硫黄山〜カムイワッカ登山口

2011年7月3日(日) 晴れ    メンバー 2名    タイム 5:45 イダシュベツ橋〜13:00 硫黄平に抜ける〜15:00
 第一火口〜19:00 硫黄山登山口   ・トータル13時間15分

  イダシュベツ橋から入渓後30分くらいのところでガサガサと音がしたので見ると、熊が対岸を駆け上がっていった。あわてて笛
を吹いたりする。熊の方が先にこっちに気づき逃げていった。その後ろ姿、躍動感溢れる背中の動きが目に焼きついた。
 600を越えたあたりから続く滑滝がきれいだった。850の滝は左岸を巻いた。この後に続く巨石地帯でスタミナをなくしてしまっ
た。時間がかかったのはそのせいだ。
 突然視界が開いて、火山灰の平らな砂礫地に出た。源頭の硫黄平だ。知円別岳の下の谷から第一火口までは雪渓がびっちり
詰まっていた。硫黄分岐あたりでまた熊に会う。mocoは小熊も居たと言うが、私には親熊しか見えなかった。こちらを全く気にせ
ず悠然と斜面を降りてくる。そそくさと立ち去った。疲れ果てた体に下りはきつかったが、何とか日没前に登山口に着いた。 <孝>