道央・無意根山(1460m)
●2017/5/18(木) 快晴   ●メンバー Yoshida

  定山渓奥の元山コースから入山、ほぼ夏道ルートを辿る。夏季登山口まで車が入れた。スタート後すぐに残雪が現れ、
次第にルートは不明瞭になる。この山に限らずどんな山も残雪期はこんな感じになるから、コース迷いには要注意だ。
ところどころ現れる登山道と地形図を照らし合わせながら稜線に出る。
  千尺高地(1153m)に出ると展望が一気に広がる。無意根山はじめ、羊蹄山、ニセコ連山が素晴らしい。振り返ると余市
岳、白井岳。無意根山に登らずともここで十分満足できる展望である。とはいえ無意根山を目指す。
  短時間で行けるかと思ったが、山頂まで意外とかかった。山頂からの展望は言うまでもない。
・登り 4時間14分   ・下り 2時間51分

千尺高地から無意根山の北西面



千尺高地から羊蹄山とニセコ連山



無意根山への登り。緩斜面がダラダラと続き、意外と時間がかかる






前回登った喜茂別岳(奥の平たい山)と並河岳(真ん中)、右の山は中岳



定山渓天狗岳(中央)



無意根山の北面にある大沼。雪解けがすすんでいる



遠方は余市岳、朝里岳、白井岳の稜線