大雪山系・当麻岳(2076m標高点)
●2017/5/13(土) 曇り時々晴れ   ●メンバー Inoue・Sizu・Imai

  愛山渓への道々が開いたとの情報を得て愛山渓温泉に向かう。駐車場にはすでに車が10台ほどある。  準備して
さあ出発。雪はたっぷりある。沼ノ平を進む頃にはガスも少しずつ消えてこれから登る斜面が見えてきた。 イズミノ沢に
下りる地点をロウソク岩の辺りに決めて斜滑降で下りて対岸の大地に上がる。 真っ白な大斜面に歓喜の声。

  1700m辺り斜面のトラバースでは緊張。その先が長い。 左に永山岳、右に当麻岳を進むと、安足間岳から降りてくるパ
ーティとすれ違う。 黄色っぽいところは黄砂の影響なのか滑りづらそうだ。 Aさんの薦めに従い当麻岳東の2076m地点
の今日の頂上と決める。
  腰掛るにいい形の岩を囲んで旭岳を見ながらランチタイム。 同じルートを滑降。滑りも楽しめて大満足の一日だった。
  愛山渓温泉は現在修理中でお休み中。6月下旬には直るらしい。

8:20愛山渓温泉車どめ発~10:00沼ノ平台地からイズミノ沢に下りて対岸の大地に上がる ~13:00当麻岳東の2017mを私達の頂上とする
13:00下山開始~15:00車どめ着 登り4時間40分下り2時間(休憩含む)

1300m台地に上がるとこれから向かう斜面が見えてきた



1350m地点からイズミノ沢に下りる



右手に当麻岳



沼の平が眼下に広がる。中央のロウソク岩から下りてこの斜面に上がってきた



1750mあたり。中央左寄りの斜面を上がる



斜面を登り終えて振り返ると後続のパーティが見える



2076m標高点から旭岳