知床・羅臼岳(1661m)
●2017/5/3~4(木) 晴れ   ●メンバー Saito・Nishikawa・Asayama
  前日は岩尾別コース登山口の木下小屋で泊まる。翌朝、準備を終え出発(4時50分)する、間もなく北大生(山スキー部) 
3人がスキーと全装で喘ぎながら登って行く、山で2泊するという。他にもスキー登山者が3人いた、羅臼岳でスキーは途中ま
で担がなければならないので大変だ。
  弥三吉沢から見上げる羅臼岳は雪がたっぷり残り、ここからならスキーも楽しめそうだ。今の季節は弥三吉からは大沢を
登らず真っ直ぐ本峰(北西陵)を登る事が可能だ。今日は天気も良く風も無いので登っていると汗が噴き出してくる。傾斜が
きつくなってきたのでアイゼン、ピッケルを使って登攀する。
  山頂からは北東に三ツ峰、サシルイ、オッカバケ、硫黄が、南西には知西別、遠音別の山々がよく見える。天気が良く爺
爺岳(国後)もくっきりと見えた。
  下りは登路を下る、気温も高い(17℃)ので下りはアイゼンを途中から脱ぐ。気温が高い為壺足にはズボズボ埋まり疲労
困憊だ、同じ5月(GW)でも年によって山(雪)の状況が随分違う。木下小屋で温泉に浸かると疲れも安らぎ最高だ。
・登り 5時間30分   ・下り 3時間20分