斜里岳(1547m)~北東尾根登攀
●2017/4/15(土)~16(日)  ●メンバー Mura・S山・Mutsuko・Nagai
<4/15(土)> 晴れ、にわか雨少々  富士の沢林道最終除雪地点C310ヘアピンカーブ13:35→ 15:40 C730BC/行動時間2:05
  積雪期の斜里岳を登るルートとしてはマイナー。リーダーのMさんが9年前に日帰りで登ったの事で企画していただ
いた。 強風予報のためテン場は樹林帯の中にした。
      
<4/16(日)>  晴れ  BC7:05→8:40 C1073シーデポ 8:50→9:40 C1320アイゼン、ハーネス装着10:00→10:30C1450稜線→10:55
山頂11:20→11:45 C1370コル→12:20 C1320ストックデポ地点→12:45C1075シーデポ地点13:00→13:40 C730BC 14:05→14:35車止
め /登り3:50 下り3:15 総行動時間7:30(休憩含む)
  夜中1時頃からテントが揺れる強風となり目が覚める。「これは山頂は無しかな」5時過ぎても誰も起きようとしない。
晴れているし行けるところまで行ってみようやという気分で、 テントを撤収し木の根っこに穴を掘り、荷物を入れブルー
シートをかけて上から雪をかぶせ飛ばされないようにして出発した。
  C804は素晴らしい展望台。風がなければここでテン泊して宴会は最高でしょう。  C888あたりはハイマツが出ていて
少々面倒だった。気温は高く雪はぐさぐさ。この方向からの東斜里はとんがってて格好いいとか、真横にみる北尾根の
大槍に見とれつつのんびり歩いてるうちに風はおさまっていった。

  C1073から尾根が細くなり、白樺のうねった灌木が邪魔でスキーをはずず。ツボ足が埋まり時間がかかる。C1320で
ハーネス、EP装着、SさんとMさんはストックデポ。  稜線にでるラスト数十メートルは振り向くとすぐ下のMさんしか見え
ない。ここは降りられないなと気が重くなる。
  なんとか登り切って山頂では、 北西尾根から単独の東京の男性、東斜里から帯広からの2人パーティに会った。 下
りは稜線を東に進み、C1370からバックステップで降りて、トラバースして1度懸垂下降して、またトラバースしてストック
デポ地点まで戻った。
  帰路、沢に2頭の熊を2人が目撃。 Sさんは1年以上ぶりの山中テント泊。同行できて光栄です。   <Mustuko>