道央・迷沢山(1005m)~上平沢コース
●2017/4/14(金) 晴れ   ●メンバー Yoshida
  手稲山(1024m)の南西4kmほどに位置する山。定山渓と小樽を結ぶ道々の上平沢川沿いに走る林道がルートである。
手稲山登山の平和の滝コースの〝送電線ルート〟が良く登られているが、こちらも短時間で登ることができ、人気コース。
最後は藪漕ぎとなるようだが、無積雪期登山のルートととしてガイドブックにも載っている。
  冬季、登山口は除雪スペースが狭くわずか二台。定山渓寄りの橋に駐車可能なスペースがある。忠実に林道を歩行し
てもよいが、ヘアピンカーブあたりから林道を避けて尾根に乗ると速いか。傾斜もさほどじゃない。頂上西側のコブを巻い
ていくと迷沢山が見えてくる。樹木に囲まれているが、東側が広く開け展望は良い。
・登り  2時間  ・下り 1時間

道々1号線の上平沢林道入口。迷沢山登山口の看板も設けられている。入口の駐車スペースは狭い



西側のコブを巻くと樹木に覆われた頂上が見える。展望悪そうだが頂上に出るとビックリだ


  



中央は白井岳(1302m)、その奥の白雪を纏った山は札幌の最高峰・余市岳(1488m)



正面に手稲山



左の低山は藻岩山。左に光る屋根は札幌ドーム



迫力ある山容の定山渓天狗岳(1145m)