奥秩父雲取山(2017.1m)&大菩薩嶺(2057m)
●2017/2/1~2  ●メンバー Yoshida
  今年、2017年の標高年と雪を被った富士山が見たくて雲取山に再訪(2013年以来)してみた。合わせて近くの大菩薩嶺にも足を
延ばした。レンタカーで二日間、奥多摩から甲州市方面を移動する。雪は道路の脇に少量残るだけで夏タイヤでも走行可能だが
念のためスタッドレスを装着。
  両山とも登山道には雪はあるものの夏道とほぼ同じ。2千m級の山の事情が分からないので雪に強い春山向きの靴)を用意し
たが、夏靴でもよかった。登山道の雪はまったくないかガッチリ踏み固められ、アイスバーン状態。チェーンスパイクで十分。ただし
気温が上がると登山道はぬかるみ状態なので長靴でもよいくらい。ピッケルは不用。
  雲取山と手前の七ツ石山(1767m)の頂上には真新しい御影石の山名柱(東京都・埼玉県名入り)が建てられていた。山梨県側の
山名柱は古いままで最高点から少し離れた場所にあった。天気よいと思ったがややガスがかかって遠望はあまり利かず、富士山
もわずかな時間しか顔を出してくれなかった。
  展望を楽しむなら大菩薩。稜線に出るあたりから「わおっ真っ白、お富士さ~ん ‼」。後ろを振り向き振り向き「いよっ、ニッポンイ
チ」。もうホレボレ。~♪あたまを雲の上に出し・・・・富士は日本一の山♪~このメロディが口をついて、山が見える間中、歌ってた。
雲取山 ・登り 5時間09分 ・下り 3時間52分    大菩薩嶺 ・登り4時間58分 ・下り 3時間32分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                       ◆雲取山鴨沢ルート  2017/2/1(水) 曇り時々晴れ         ※2013年10月29日の記録

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       ◆大菩薩嶺(唐松尾根ルート)  2017/2/2(木) 晴れ