道央・札幌岳(1293m)
●2017/1/3(火) 曇り   ●メンバー Yoshida・Araki

 
  夏冬通じ初めての山。久しく会っていなかった札幌在住のかつての山仲間、Aと10年ぶりに再会、この山に案内してもらった。
Aと山行するのは芦別岳一稜以来か。だからもうかれこれ20年くらいになるだろうか。物静かな佇まいは何ら変わっていなかっ
た。年齢で一回り以上違うとはいえ、まだまだ若さを保っていた。有難く彼にトップを切ってもらった。
  定山渓の豊平峡ダム専用道路のゲート前からスタート。ほぼ夏道沿いに歩く。シーズン通して人気のある山と見えて、トレー
スはがっちり踏み固められている。ほどなく冷水小屋。ここから夏コースを離れそのまま右手の沢に入り込む。冬はこの沢がル
ートになっているようだ。
  沢はまだ降雪が足りないのかブッシュに覆われ、しかも急傾斜。下山時もここをスキーで下るのはちょっと不安。シートラも考
たが、しっかりしたトレースなのでツボ足で行くことにする。
  頂上近くでちょっと抜かりはしたが、ツボ足で順調に距離を稼いで山頂に立った。部分的に陽も当たったがさほど展望は得ら
れなかった。天気の良い日また来てみたいと思った。   <Yoshida>
・登り 3時間   ・下り 1時間50分

車止めをスタート、ルートはほぼ冷水沢川に設けられた夏道沿いだ



1時間ちょっとで冷水小屋



小屋横の沢を詰めて稜線に出る



斜面がやや急になると頂上は近い



樹氷の斜面を行く



3時間少しで山頂着



ここだけ陽が当たっていた



中央の山は点名・盤の沢(893m)