上越・谷川岳(1977m)
●2016/10/19~21  ●メンバー Yoshida
  10月初旬に谷川岳の縦走を計画していたが、悪天候が予想されるため中止、以降は好天を待ってチャンスをうかがっていた。
それが今回の計画だが、意に反して天気はさほどよくなくちょっと消化不良に終わった。群馬県と新潟県の県境にある谷川岳は
どちらかといえば新潟側の気象を考慮した方がいいみたい。
<19日(水)> 曇り時々晴れ 天神平~頂上~肩ノ小屋(泊)
  西黒尾根も考えたが翌日の体力温存を狙ってお手軽ルートにした。登山者や観光客も混ざり天神平は人でいっぱい。のんび
りスタート。晴れ間ものぞくが雲が多い天気。肩の小屋をやり過ごして手前のピークトマの耳(1963m)に。稜線上はガスが湧いて
見通しはさほどよくない。隣のピーク、オキの耳(1977m)にも立つ。雲がとれていればもっと展望がいいだろうに・・ちょっとガッカリ
である。夕方からガスが濃くなり、風も強くなる。
<20日(木)> ガス&小雨強風 肩ノ小屋~頂上~一ノ倉岳~茂倉岳~武能岳~蓬ヒュッテ(泊)
  昨夜からのガスと強風は収まる気配がない。気持ちが高まらないまま、蓬(よもぎ)峠方面に向かう。前日同様、谷川岳の二つ
の耳を経て一ノ倉岳(1974m)、茂倉岳(1978m)、武能岳(1760m)とつないでいく。途中、単独行者2名と3人パーティに出会う。相変
らずガスは濃く、風も強い。武能岳からは雨も降ってきた。4時間程度で蓬ヒュッテに着く。この天気では大源太山(1598m)を往
復してもつまらないので取りやめ、ヒュッテで本を読んで時間をつぶす。
<21日(金)> ガス強風後晴れ 蓬ヒュッテ~土合下山
  今日もガスと風が強い。天気は回復しそうな感じもしたが、回復するまでしばらくの間、悪天の中を歩くのは嫌だった。「やめ
て下山しようっと」・・決めたら早い。荷物をまとめて蓬峠から土合に至るルートに出た。