道央の山・空沼岳(1251m)
●2016/10/16(日) 晴れ  ●メンバー Yoshida
  初めての山。札幌人には馴染みが深く登山愛好者にとっても人気のある山。 天気が良くしかも日曜日とあって登山口に
通じる林道は車でビッシリ。林道入口の砕石場奥は7時過ぎの段階でいっぱい。 奥もかなりの車が入ってそうで、時間的に
はまだまだ訪れそうな感じがする。
  林道を歩くこと10分くらい。 丸太を渡した沢を越えて対岸に出るが、ここが実質的な登山口みたいだ。山頂までは淡々と
林内を歩く。展望はまったくないが途中、万計沼と真簾沼が静かなたたずまいを見せる。頂上近くになって空沼岳の姿が木
々の間から始めて見える。山頂からの展望はいいはずだが、この日は霞がかかって叶わなかった。
  山頂まで登山道のぬかるみ続き、余計な神経を使うのには閉口、次回は長靴で登ろう。
・登り 3時間20分  ・下り 3時間

市街から近く好天とあって林道入口は車でいっぱい


丸太橋を歩いて沢を渡り対岸に出る


沢を渡ると中間尾根に取りつく。ここが登山口なようだ



紅葉に包まれた万計沼



万計沼のほとりに建つ万計山荘



万計沼と空沼岳の中間点にある真簾沼(まみすぬま)



木々の間からチラッと姿を見せる空沼岳。あまり目立たない山容



展望はいいはずだが広く霞がかかってガッカリ



山頂から南方向。漁岳だろうか?



北西方向。奥の山は札幌岳か