東大雪・三国山(1541m)
●2016/5/15(日)  快晴   ●メンバー S藤・O友・暢  会員外4名(K大生3、他1)

  K大山岳部の方達と一緒とのことで、『登山計画書』、『コンパスの使い方』をS藤リーダーから教わってから出発。登山靴
5名、長靴2名。思ったより雪が有って驚いた。雪が無かったのは分水点手前の一部だけだった。こんな時期に登った事が
無かったので、長靴がズボズボ埋まって苦労したが、気温が高かったので気分も良く、それ程辛くは無かった。

  登り始め少ししてからの傾斜のところで、下に川が流れており、帰りも此処を通るのかと恐怖を感じたが、リーダーがそ
れを察知してくれたのか、帰りは下を通ってくれた。本当に安堵した。分岐等ポイントでコンパスで確認、理解を深める。山
頂は360°見渡せて、工大生もとても喜んでいた様子。良かった。  <暢>
出発9:30、山頂11:08〜11:40、下山12:40

上川側三国トンネル横から登り始める



雪の詰まった沢中で地図読み



沢から尾根に出るとクマネシリ山塊がお出迎え



コルで展望を楽しむ



ウペペサンケ山



尾根をさらに登り、頂上を目指します



頂上手前の分水点。ここを起点に発する水はオホーツク海、日本海、太平洋へと流れていく



ニペソツ山の鋭鋒



三国山から西方は音更山、石狩岳と続いていく



展望の良い三国山の頂上



下山です