大雪山系・安足間山(979.1m)
●2016/5/14(土) 晴れ   ●メンバー Yoshida・T口・K原・TN・強子

  山麓から見えない山だが、この山に登るとすると無雪期か。冬季は愛山渓温泉に通じる道々が閉鎖されるため、国道
39号からかなりの距離を歩かねばならない。無雪期に登るとなるとヤブ漕ぎを強いられる。 道々が開通するこの時期は
残雪を利用すれば割と簡単か。
  国道から車を走らせ、約13kmと少しで取り付き地点の林道入口となる。 残雪を利用したかったが、その雪が融けてな
い。残雪をあきらめヤマベノ沢から回り込むようにルートを決める。林道を1kmほど歩いて沢に入る。藪の少ない割と歩き
やすい沢。標高800mあたりから残雪が現れ、頂上直下まで続いていた。
  近づいて分かったが、頂上は3〜40m程度の岩峰状になっていた。右側から巻くように頂上に出る。立ち木に覆われて
いるが、見晴らしはまずまず。愛別岳の鋭鋒が見事。二等三角点も鎮座している。

   ・登り 1時間30分  ・下り 1時間

中央尖りの山が安足間山(愛山渓温泉から南斜面を登り振り返る)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歩きやすいヤマベノ沢を詰めていくと800mあたりから残雪が現れ、順調に高度を稼ぐ


沢から西尾根上に出る。遠く天塩岳の山塊が見えた


西尾根上は広く残雪もたっぷりあった


頂上は直下は岩場で急。右側から回り込むように・・


頂上は狭く立ち木も多い


二等三角点


展望は期待していなかったがまずまず。北側の天塩岳


目の前に鋭鋒・愛別岳


ニセイカウシュッペ山


下山中、沢の中でザゼンソウを見つける