道北幌加内町・天塩山地 長留内岳(729m)
●2016/5/2(月) 快晴   ●メンバーYoshida・静・強子

  またまた幌加内町の天塩山地詣で。なかなか停まりません。幌加内町の市街地からよく見える山。「ほろたちスキー場」の
真上にチョンと載っている感じ。二等三角点の山で点名は「尾去内」。
  「ほろたちスキー場」から南へ約700m、除雪された林道を入り、312m峰と334m峰の中間コルで車止め。水源施設だろうか
ここまで除雪されていた。ここから広い牧草地目がけて歩く。取り付きポイントは町境界尾根上の616m峰から東に延びる稜
線。順調に高度を上げるが、標高500mあたりになると急な細尾根となり、これを避けて右側の急斜面をトラバースする。
  616m峰の登りも急でここも右側急斜面をトラバース、雪が詰まって歩きやすい沢底に下りた。ここからは右手の斜面に移り
境界尾根に出た。
 
  尾根に上がると一気に展望が開け、背後に鷹泊・坊主山(776m)、暑寒山群が遠望。頂上までの広尾根を展望を楽しみな
がらハイクといった感じ。
  待望の頂上に出るといきなり小平蘂山(878m)の左横にそれと分かる三角錐の山、利尻山(1721m)がみえたのには驚き。
「わ〜利尻まで見える。すごい」・・感動。近くの三頭山(1009m)から遠く横一列になった大雪・十勝の山並みが一望でき、まさ
に展望の山であった。
  下りは北側の尾根を下り、683m峰から南に延びる尾根を下った。末端部は雪解けが進みスノーブリッジもないため渡渉に
手間取った。
 
・登り 2時間34分   ・下り 1時間43分

車止めをスタート(左)   右手に長留内岳(中左)   急斜面をトラバース(中右)   一度沢に下りて境界尾根へ(右)

境界尾根が近い。背後の山は616m峰(左)    尾根に出ると展望が開ける(中左)    遠く暑寒の山が(中右)     頂上すぐそこ(右)

空中に浮かぶ?利尻山(左)      長留内岳の頂上(中左右)       中央の山は三頭山、左端は小平蘂山(右)

下り方向の稜線(左)    鷹泊・坊主山がカッコいい(中左)    暑寒山系(中右)     右手の山先日登ったはポロシリ山(右)

眼下の牧草地から頂上へ(左)     頂上から下山開始(中左)     北側から見る長留内岳(中右)     さあ滑降開始(右)

山麓から望む長留内岳