十勝岳連峰・下ホロカメットク山(1668m)
●2016/4/21~22   ●メンバー Kei  他会員外1名
  8キロ?長い林道歩きだった。途中下ホロの白いピラミダルな姿が見えたときはかなり急斜面に見えスキーで上が
れるか心配になる。雪はまだ十分あり、さすが大雪は白い。
  1400mあたりの森林限界からスキーアイゼンを付け、なんとか山頂までスキーで上がれたが、雪庇の出てる山頂
に着く頃にはガスがかかり、風も出てきた。 隣の境山も山頂は雲がかかり、周りの景色があまり見えないのが残念だ
った。視界が悪くなる前にと早々降りてきたら、なんと下山途中から青空が見え始める。ありがちなパターン。
  山頂は9時ころ着いたが、もう少しゆっくりすれば良かった。山頂からの滑りは上の方のややガリガリが一番滑りや
すく、下に降りるに従いつんのめるような雪質になってきた。雪が重くてターンのしづらいこと!
下りの林道もなかなか滑らず、後半はスキーが沈みすべらない。この長い林道歩きがネックだった。さすがに疲れた。
林道p~774m分岐テント場 5時間   テント場~下ホロ山頂 3時間30分   山頂~テント場 1時間30分


林道から下ホロが見え​る




山頂から登った斜面を​の眺め


森林限界から急斜面を​登る