留萌市樽真布〜 ポロシリ山(730m) 
●2016/4/17(日) 曇り時々小雨   ●メンバー T口・yoshida・M越・O友

  留萌市と小平町の境界にある山。 道内に「ポロシリ」の名が幾つかある、有名どころでは日高山系の幌尻岳だろう。道北の
宗谷丘陵にも幌尻山(427m)がある。 ポロシリはアイヌ語で「大きな山」の意味であるが、低くくてもどっしりとした山容はいかに
もそれらしい。一等三角点が設置され、点名を「翁内岳(おきないだけ)」という。 しかしこの山の北側に同名の「沖内山」(583m)
があり、山名由来が気になる。
  近年、ネット等でこの山が紹介され入山者が多くなっているようである。 と言っても夏道はないようなので積雪期が適期とい
える。中でも雪解け時期の4月が最適期といえそう。
  ルートは樽真布防災ダムが起点。除雪が進めばダムの奥からスタートできそう。ダムから約4km林道歩行。急に道が細くな
るゲートの場所から少し進んだ分岐が山への入口。あとは地形図を確認しながら山頂に向かって登るだけ。 尾根は急なとこ
ろもあるが、取り立てて危ない場面はない。
  山頂部は広々とした台地状。一見してどこか頂上化分からない。三角点が雪の下に隠れていればなおさらわからない。この
日しあいにくの曇り空であったが、晴れていれば展望は良さそうである。

・登り 2時間45分   ・下り 1時間40分


ダムから歩き出してしばらくすると左手にポロシリ山が現れる。雪が落ちて山肌がムキ出しになっている


ゲートから少し行くと左の沢地形に入る。ここから山に向かって行く


硬くしまった雪を踏みしめ尾根を登る


標高500mを過ぎると山頂部が見え出した。東側の急斜面は雪がない


南尾根に乗るため手前の急斜面を登っていく。ルート上最大の急斜面


南尾根に乗ると傾斜は緩み、坦々と登っていく


南尾根上


あの高みを越えたらほとんど終わり


広い広い頂上。どこが頂上?


東側は急な斜面


晴れていれば展望はいいハズだが、曇り空だから展望はパッとしない