奥秩父・金峰山(2599m) 
●2015/10/15(木) 晴れ   ●メンバー yoshida
  前日の瑞牆山に続いて、この日目指す山は金峰山。前泊の富士見平小屋を朝6時頃スタートする。 飯森山(2116m)の
裾を巻くように進むとやがてコル地形に出る。大日小屋(無人)があり、テント場もある。 小屋には立ち寄らずそのまま急
斜面を登る。
  岩場が出てきてそろそろ大日岩か。稜線上に出ると八丁平〜大日岩〜金峰山をつなぐ分岐だ。休憩地となっていて目
の前に大日岩がデーンと鎮座している。樹林帯の中なので展望はない。大日岩に行くと八ケ岳が見える程度。

富士見平小屋から富士山

無人の大日小屋

八丁平〜大日岩〜金峰山の分岐点

分岐から大日岩を見る

大日岩から八ケ岳

大日岩を過ぎると石の多い斜面

意味が分からないけど砂払いの頭

砂払いの頭から瑞牆山
  分岐から稜線上を忠実に行く。別ルートから金峰山を目指して下りてくる人がけっこういる。「砂払いの頭」というところ
ろから岩尾根が上へと続いている。好天の日だからさほど問題ないが、雨天時はあまり歩きたくない稜線かな。 岩尾根
をほぼ過ぎたあたりで頂上が目の前にある。五丈岩がデンと待ち構えている。

長野側ルートとの分岐

奥の岩場が金峰山小屋へのルート

遠くに見えるは五丈岩

段々近づく五丈岩
  五丈岩から頂上にかけて眺望が素晴らしい。グルッと360度見渡す限り山々・・・残念ながら山の名前がよく分からな
ない。近くにいた人に「あの山は?」 「あの山の連なりは?」・・尋ねてばかりで恐縮する。ただし富士山だけは分かる。ど
こから見ても富士山はお見事、アッパレです。昨日よりも今日の方がクッキリと見える。きれいだな〜。

五丈岩・・あの上に登ってみたい

岩、岩だらけの金峰山頂上

見えたぞ富士山

明日登る乾徳山(だと思う)

瑞牆山(右手前の岩山)方面

標識のあるところよりちょっと高い

頂上から南ア

南アルプスの北岳(右)

国師ケ岳方面

瑞牆山

最後にやっぱり富士山
  下りは大日岩の分岐から八丁平で富士見平へ下りることにする。地形図を読むと登り返しが少なく、割と楽に下りら
れるのじゃないかと思ったから。
  大日岩の右側を巻くように進む。踏み跡程度で岩下のザレ場に出るとルートが判然としない。立ち止まって丹念に
調べるとルートらしき踏み跡を見つける。明瞭な踏み跡じゃないので疑心暗鬼のまま進む。不明瞭だが稜線上に出る
とルートがはっきりするだろうと、急斜面を10mほど登る。案の定踏み跡があり正規のルートと分かる。あとはこの尾根
道を八丁平まで歩けばいい。
  簡単と思ったルートだが、あまり利用されていないとみえてヤブが混んでいる。特に大日岩の巻き道は判然としない
だけに誰でもお奨めとは言い難い。
  八丁平からほぼ緩やかな下りとなり、コーステープを各人しつつ歩を進めると瑞牆山とのルートにぶつかった。後は
富士見平に向かうだけだ。

八丁平分岐

これも八丁平

天鳥川の源頭部

カラマツの造林地

一か所だけ瑞牆山のビューポイント

瑞牆山へ向かう分岐

左に同じ