北日高・チロロ岳(1880m)
●2015/7/5 晴れ ●メンバー Nishikawa・M越・優・TN
  土曜日に日勝峠のパーキングエリアで前泊する。起床3時半。外に出ると予想以上の晴天で全員のテンションが上がる。5時過
ぎに登山口に着くと、日高役場主催の登山会や、数台の車があり、もう既に入山している様子。
  沢靴でスタートする。雪解け時期のためなのか、思いのほか水量があり、十分に初心者の沢である。転落したら危険な箇所も数
カ所あり、そこにはロープが設置されている。ルートもピンクテープ、マーキングがありわかりやすい。
  尾根乗越から一旦下り、ニノ沢へ入る。ニノ沢は、すぐに雪渓になっており、そこで夏靴に履き替える。雪渓を歩き始めてすぐに
畳4枚ほどの範囲で雪が割れ落ち腰まで沢へ落ちたが幸い怪我はなかった。源頭はお花がたくさんあり、特にシラネアオイが美し
い。
  コルへ出ると、眼前に日高の山並みが素晴らしく歓声が上がる。コルから頂上へは背の低いハイマツが伸びていて登山道に覆
いかぶさっている。朝露があれば下半身はびしょ濡れになりそうである。
  下山は、雪渓を足で滑り下りかなり時間を稼げた。沢は急斜面が多く、下山は慎重に下る。
登山口〜2時間10分〜尾根乗越1420m〜2時間(靴交換含)〜頂上~1時間20分(靴交換含)〜尾根乗越〜2時間20分〜登山口