大雪ダム湖 1152m峰(点名・湯仁向)

                                      ●2014/11/1   ●メンバー yoshida・K原

  1152m峰は大雪ダム湖の近くにあり糠平国道(R273号)から望見でき、針葉樹に覆われた特徴のない山である。三等三角点「湯仁向」
が設けられている。

   
糠平国道から望む1152m峰(左)  上の林道へ上がると展望がグンとよくなる(右)

国道273号の大雪大橋を渡ってすぐのところに東に延びる林道入り口がある。ゲートがあるが開放されていた。ハンターが入林するよ
うである。林道はわずかな積雪で凍結、轍もあって通行可能と思われたが、念のためと徒歩でも大した距離でもないことから入口に駐
車して歩き出す。
  遠回りだが、当初はc822mの分岐まで歩き上部林道に出る予定だった。最初の橋を渡って上の林道に出られそうな斜面があったた
めそれを利用して上部林道に出る。 法面が整備された道だが林道とは名ばかりで、各所で崩れており立ち木も目立ち始めて車の通
行は不能。ところがこの道からの展望が大変よく、雪を纏った表大雪や音更山がきれいに見えた。

  
表大雪(左)             音更山(中)              三国峠方向(右)

  展望を楽しみながら1152m峰の南尾根に取り付く。斜面はやや急で倒木が部分的に出るものの、うるさいヤブはなくとても歩きやす
い。 取り付いて40分ほどで頂上に着いた。 中央に三角点があった。展望は東側の西クマネシリの山塊が木の間越しに見えた程度で
あった。  <yoshida>                 ●タイム ・登り 1時間42分  ・下り 1時間13分

  
斜面はスッキリしていて歩きやすい(左)      1152m峰頂上。中央に三角点(中)      頂上から西クマネシリ岳の山塊がチラチラ(右)