南ア・荒川三山(悪沢岳・中岳・赤石岳)

                                               ●2014/9/26〜28    ●メンバー Kei 他1名
<26日>曇り 畑薙第1ダムバス8:20〜樺沢ロッジ9:15着 出発9:30〜千枚小屋15:50
  樺沢に向かうバスが満員で、増便20分遅れでバスに乗る。樺沢はきれいな公園施設。曇りの暑い中、樹林帯の中を進む。吊り橋を
渡り、ほぼ緩やかな登り、展望もなく汗だくで小屋に着く。なんでこんなに暑いんだ・・・立て治したばかりの小屋はきれいで快適だった。
日没まで雲がかかり、展望なし、早々に寝る。

    
<27日>快晴 千枚小屋5:05〜5:55千枚岳(2880m)〜7:25悪沢岳(荒川岳《東岳》3141m)〜8:45中岳(3083m)〜9:15前岳(3068m)〜
11:30大聖平〜12:45小赤石岳(3081m)〜13:20赤石岳(3120m) 13:50山頂出発〜16:10赤石小屋
  起きたら満天の星空、日の出前にベッドランプを付け小屋出発。 富士山が小屋の目の前から見える。千枚岳の登りの途中から見る
ご来光と富士山のセットはとても綺麗だ。千枚岳でお湯を沸かし、お弁当にしてもらった朝食を食べながら富士山と、これから登る悪沢
岳から赤石岳の稜線と紅葉に感動する。
  天気がよく展望がすごい。 以前登った塩見岳や間ノ岳が間近に見え、遠く八ヶ岳、中央アルプス、槍・穂高と北アルプスまでもよく見
える。中央アルプスのすぐ後ろに御嶽山の山頂もひょっこり出ている。まさかこの日に噴火するとは・・・この時はまだ静かな山だったの
に。 今年は南アルプスも紅葉が早いとのことで、沢筋には赤や黄色の絨毯、絵のようだ。稜線上にもウラシマツツジの鮮やかな赤が
見頃。3000mが5つと、計6つのピークを歩いた。紅葉も良かったが、花の時期もすごいらしい。ただ、赤石岳から小屋までの道が、沢に
降りてまた登り返し。長かった。
  山頂手前で、ほかの登山者から長野の山が噴火したらしい、と聞かされびっくり。 小赤石岳の登りに西から雲が出てきて、 遠くに柱
のように飛び出た白い雲1箇所見え、「変な雲」、と話しながら歩いたが、あれは噴煙だったみたい。 小屋で、御嶽山噴火と聞いた。山
頂の避難小屋に泊まった人は、夜には赤く見えたそうだ。
<28日>快晴 6:00赤石小屋〜8:55樺沢ロッジ バス10:30発〜9:20畑薙第一ダム
  今日も快晴、6時ころから朝日が赤石岳に当たり、赤く染まる。聖岳もよく見え、降りるのが勿体無いくらいだった。人も少なく、小屋も
空いてたし、静かな山歩きができた。今まで登った南アの中で、ダントツ素晴らしい山だったけど、登山口までが遠い!なんで悪沢岳っ
ていうのかは?いい山なのに。   <Kei>