知床・知西別岳(1317m)
2014/3/24(月) 快晴  メンバー 桂子・静子 タイム 5:20ウトロスキー場発→10:00 800m台地→11:35頂上→11:50頂上発→
12:40 540m(1時間休憩)13:40→15:30ウトロスキー場着  (上り 6時間15分 下り2時間40分)
  ウトロスキー場から、吹溜りと雑木の枝に悩まされながら小ピークを繋ぐ。樹林帯を抜け800mの知床大地に乗ると、強風吹きさらし。シュ
カブラを踏みしめ、風圧と闘いながら頂上に立つと、知床半島の中ほどに位置する知西別からの景観は見事だった。流氷浮かぶ海の中央
に、青空に向かってそびえる真っ白の知床の峰々。国後の山々もしっかりと見えレンズ雲まで現れた。もっと眺めていたかったのだが、強風
で頬が痛い。下りは、シュカブラを潰しながら540m無風地帯まで滑り、ゆったり昼食。しかしここからが地獄だった。シールをつけての一気
に解けた重い雪に操作がままならない。疲労困憊で帰着。   <静>

遠音別岳が青空に映え




雪煙舞う知西別岳


知床連山


知西別岳につながる尾根に上がる


長いなが〜い尾根


頂上が近くなるが風が強い


流氷浮かぶオホーツクの海を背に山頂を目指す

   
遠音別岳(左)、羅臼岳(右)を背景に