キナバル山(4095.2m) ~マレーシア~

  正月休みに初の海外登山、富士山にも登っていないのに初の4000m体験しました。天気に恵まれ、素晴らしい山だった。
          ●2014/1/2~6   メンバー  桂子・政子  

<1/2~3~4> 千歳→韓国・仁川経由→コタキナバル→ティンポホン登山口(1867m)→ラバンラタレストハウス泊(3272.7m)
  コタキナバルから車で約1時間、途中、キナバル山が見える。公園本部で名前入りのパスをもらい、ガイドと待ち合わせ。ガイドは必ず
付けないといけない決まり。ベンさんという現地のガイドはゴムサンダル、ザックには傘と散歩のようなスタイルで驚く。
  登山ゲートに車で移動。ここから登山開始。さすが南国、蒸し暑く汗が出る。20度以上はある。登山道は整備されていて、1キロくらい
ごとに休憩の東屋と水洗トイレがあり、急なところには階段も整備。トイレットペーパーはない。朝渡された昼食は、サンドイッチとりんご1
個。背負ったザックは10キロ。水はミネラルウオーターを2L持つ。ガイドに頼めば1キロごとに15リンギット(500円くらい)らしい。ガイド
にザックを背負ってもらい、から身で登る人もけっこういた。ところどころが急坂で息がきれる。


※キナバル山(マレー語: Gunung Kinabalu, 英 Mt.Kinabalu)は、ボルネオ島北部、マレーシア領のサバ州にある山。標高 4,095.2mはマレーシアの最高峰。


  樹林帯の中は、ウツボカズラの食虫植物、コケやシダ、いろんな花も咲いていて面白い。 リスに似た小動物も出てきて可愛い。6キロ
歩いた小屋は唯一食事を出すラバンラタ。 ちょっとしたホテル並み。部屋は二段ベットが2組の四人部屋で鍵付き。同室はオーストラリ
アのカップル。上の段に寝たが転落防止柵がなく、ギシギシいうベッドで大丈夫?と思ったが、ぐっすり眠れた。一番の驚きはなんといっ
ても夕食のバイキングが美味!スープ、焼き飯、肉、野菜の煮込み、デザートと、種類も豊富で食べやすくて美味しい〜。 食事が合わな
い時のために乾燥雑炊やカップ麺持ったけど不要だった。
  シャワーは水しか出なくて、足を洗っただけ。シャワーがあることが驚きだけど、水は水道から豊富に出てた。 テラスで夕日を見て、早
めに就寝。
<1/4> ラバンラタレストハウス出発→06:40 山頂→07:40 下山開始→09:40ラバンラタレストハウス着(泊)
  翌日2:00に食事が始まり、3時過ぎにヘッドランプを付けて出発。ほとんどが2:30頃には出発していた。天気は晴れ、満点の星を眺
めながら、急坂に階段、その後はロープを掴んでの岩歩き。途中途中に標高の看板もある。岩場手前のゲートでパスをチェックする管理
人がいた。
  6:00過ぎには空が明るくなり、頂上手前でご来光を見ることができた。岩はロープが張られ、迷わないようになっている。3800mくら
いからなだらかな歩きで、足元はなめらかな1枚岩、見渡せば尖った岩山が飛び出て、不思議な風景。眼下には雲海が広がり素晴らしい
眺めだった。
  山頂直下の最後の急な登りがきつい。6:40ローズピークに登頂。フリース、カッパで肌寒いくらい。順番待ちの山頂看板で写真を撮り
少し下がったところでのんびり休憩。日が差し暖かで風もなく、絶好の山日よりだった。
  下りはゆっくり景色を見ながら小屋まで下山。暑い。急なところはロープを掴み後ろ向きで降りる。 遠くの岩の壁にロッククライミングの
人たちがいた。 
  ほとんどの人はその日のうち前日登ってきたコースを下るので、昼前には小屋はがらんと静か。小屋でひと寝、お昼はきのこスープと
コーヒーを頼む。ものすごい大きな器で食べきれなかったが、これもまた、すごく美味しかった。あとは夕食までテラスで景色を眺めたり、
食堂でお茶したり、昼寝したりとまったり過ごす。

<1/5~6>  06:00 ラバンラタレストハウス出発→マラシオゲート分岐→マラシオゲート下山→00:20 コタキナバル発→仁川→千歳着
  3日目は6:00頃に小屋を出発。朝食は2:00から3:00ころまでのようで、5:00頃食堂へ行くと真っ暗で?訳が分からずとりあえず
持参のお菓子を食べてガイドを待つ。ガイドに朝食はまだだというと、お弁当が用意してあり一安心。名残惜しく振り返りながら小屋と山
を後に、来るときに登った道を降りる。
  2700mの分岐で朝食を取り、マラシオゲートへ向かう。こちらは距離もあり、アップダウンもあるので健脚向きであまり人が行かない
そうだが、違う道を降りる方が楽しい。途中沢や滝も見え、ジャングルの中、鳥の観察やウツボカズラを探したりと、のんびりあちこち見
ながら降りるが、さすがに3日目は登り返しが辛い。
  昼過ぎゲートに到着、名前入りの登頂証明書が渡される。コースが別なので2枚あった。下山口のレストランで昼食、ビールで乾杯。
食べてる最中に雨が降り出し、雨季なのに、山では幸運にも雨に当たらずだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ゆっくり登り、水も気をつけてたくさん飲んだのと、3300mで1泊が良かったのか、二人共高山病にならなかった。頭痛で小屋にいた
人、吐いて降りた女の子、歩けずガイドにおぶさって降りた女性もいたが、ほとんど山頂へ行けてたようだ。山登りにあまり行かない人
も来てるようで、登りやすい山だ。ガイドも優しい人で、すれ違うほかのガイドも皆陽気。楽しく同行できたし、ご飯がおいしいのはポイン
ト高い!山頂や小屋は思ったより寒くなく、食事も大丈夫だったので、ダウンなど着替え持ちすぎ、あと2〜3キロは減らせた。  <桂>