◆表大雪・上川岳(1884m)〜白水川c1125右股東面沢 

2013/9/8   メンバー N川・S山・K野・政子・OM・Y澤  タイム 5:50 観音岩覆道層雲峡側出口駐車帯→6:40 白水4号橋奥
→8:04 c1125二股→9:31 c1400(撤退)→10:58 c1125二股11:17 地熱調査の廃施設見学→12:09 白水4号橋→13:04 車止め
・登り3:41 ・下り3:33 (休憩含む)

  石狩川本流が川幅一杯に水を湛え、やや薄濁りの中、白水橋上ゲートを跨ぎ林道へと入る。数年前の記憶よりも勾配がきつく感じなが
ら、すでに汗だくで進む。白水3号橋を越えるとメロンの滝が見えてくる。白水本流もやや水量は多いようだ。浸かってみると案外深く、腰
まで水没し、水がやたらと冷たくしびれた。
  c1125m右股は流れも細く、 出合いは案外スッキリとはしていないが、ここからが面白かった。 段差程度の流れをドンドン越えていくと
c1200で小滝(F1)を従えて、約20mと思われる直瀑(F2)が切り立った岸壁の狭間に待ち構えている。しばし見とれながら休憩し、右のルン
ゼから巻いた。
  ルンゼ上部は土がはげ、スラブ状の岩盤で左へ逃げた。この巻きの登下降が最大の難所であった。落口は岩にあいた窓のようだ。ま
もなく狭い岩の間を流れ落ちる段瀑(F3)が現れ、それぞれみ楽しむ。c1310二股はどちらも滝となって出合い、左股の滝(F4)を右脇から上
がるとまもなくF5となり、直登する。
  これを過ぎると流れも細くなり、源頭が近づいていることを思わせる。行く手正面には稜線が柱状節理となって立ちはだかり、核心部も
終わったようである。時間的に上川岳山頂往復は難しいと判断し、c1400を本日の最高点とした。   <Y澤>