◆ポントムラ山(1355m、最高点)〜ヌプントムラウシ川c665右股西面沢

2013/8/11(日)  メンバー Y澤・S山・桂子・O嶋  タイム 林道崩落地点(ヌプン峠の先1km強)→8:16 c665右股出合(入渓)
→10:37 c1040二股→12:00 山頂 12:25→13:10 c1040二股→16:00 林道出合→車止  登り 3:44 下り 3:35 (林道歩き含まず)

  新得町屈足地区からトムラウシ温泉に向かって40km北上すると曙橋がある。手前右手の林道入口はとても広く、駐車可能だ。林道
を3kmほど進むと左折し、道は登っていく。ヌプン峠から1km強下ると道が崩落していて車両は通行できない。
ヌプントムラウシ川の左岸沿いに40分ほど歩くと案外小さな目的の沢に出合う。入渓して約30分、c750付近で段差程度の小滝が現れ
る。c800でF1が5段、40mとなって落ち、1段目を右から、2段目は中を3段目以降は左から上がる。まもなくF2、3段(多分)20mを右からま
とめて巻くと、その後も5〜10m程度の滝がc900すぎまで断続するが、どれも直登可能で楽しいが、シャワーするにはあまりにも冷たか
った。
  c1040を左にとり、フキのジャングルを進み、笹ヤブの急斜面にふくらはぎが痛くなる頃、狭い最高点にポンと出た。普段あまり目に
しないニペソツ西面を比較的近くに見ることができ、反対側には雪渓を纏ったトムラウシも覗く。もう少し木がスッキリなら、すばらしい
展望の山となることだろう。下降は作業道を適当に繋ぎ、1040右股沢に降りた。   <Y澤>