◆表大雪・愛山渓春山スキーツアー

2013/6/8  メンバー Y澤/政子/さよ子/moco/OM/洋子/強子  タイム 7:23 愛山渓温泉→8:29 登山道上c1310m 8:42
→9:13 村雨ノ滝上部c1375→10:05 c1630mで休憩、シートラで登山道へ 10:30→11:46 c1810m雪渓→12:03 雪渓上c1875mで宴会
13:28→13:38 当麻岳直下c1910m、滑降開始→15:09 愛山渓温泉    総行動時間 7:46
 
  この1週間でぐっと融雪が進んだ。毎日職場から見える大雪の白黒比が気が気でなかった。愛山渓温泉脇の林道入口から雪があ
るが、橋を渡ってからスキー装着し、取り付く。c1100あたりの急登では雪がグズグズで担ぐ人もいた。約1時間で見通しの良い緩い尾
根上で愛別岳〜当麻岳を背景に休む。
 
  イズミノ沢左岸壁は斜度がきつく、比較的緩んだところから沢へ下降し、対岸に上がった。ちょうど登山道に沿うように白と黒が塗
り分けられている。c1630mで左が崖となり、大きく地表に達するクラックに阻まれ、スキー担いで登山道に逃げる。ここからの1時間強
は苦行であった。重りの正体が肉とビールでなければ、とっとと投げ出したいところだ。すでに12時、空腹と渇きに耐えられず、大雪渓
のど真ん中で宴会開始。
  通称当麻シュートを目指し、トラバース気味にわずかに標高を上げ、雪渓に飛び込んだ。遠くから見るこの斜面はとても急に見える
が案外そうでもない。最後は温かな午後の日差しの中、沼ノ平を左手に見つつ、緩やかに下降した。長かった今年の春スキーを無事
に締めくくることができた。   <Y澤>
 
  
林道から森へとはいっていく(左)  愛別岳、永山岳、当間岳を背景に休憩タイム(右)

  
イズミノ沢右岸の上、中央奥に永山岳。登路にこの残雪の斜面を使いたい(左)   左岸壁を沢へ下る(右)


  
沢右岸壁を乗り切る(左)   シートラ、スキー靴での石ころ登山道はキツイ。左から永山岳、国立峰、右奥の丸いのが安足間岳(右)


  
標高1870mでのジンカン&ビール(ノンアル)!!(左)  宴会も終了し、緩やかに当麻へ標高を上げる(右)

  
当麻岳山頂へとは向かわず、雪渓へ向かう(左)  スキー装着、滑降準備(右)


  
大雪渓を滑る(左)  イズミノ沢左岸尾根から当麻岳を振り返る(右)


今年最後の大滑降を終え、みんな満足げ