紀伊山地  熊野古道を歩く その一 
 
                                          2013/5/14〜19  メンバー WS・WM 2名
 
<5月14日(火)晴れ>  奥千本口〜青根ヶ峰(858m)〜四寸岩山(1235.8m)〜5番関  行動時間:5時間40分 


  大阪阿部野橋駅を出発しケーブルとバスを利用し、吉野奥千本より歩き始めるが、まずは舗装道路を行く。タラの芽が既に大きく、
山菜があるのではないかと期待する。まもなく杉林に入るがただただ歩くが、杉林は風が通り涼しい。
  青根ヶ峰は特に何もない。茶屋跡の看板、四寸岩山は看板だけで通り過ぎた。足摺茶屋跡には小屋の中に仏像が祭られている
が、宿泊はできない。二蔵宿小屋は無人、綺麗な山小屋でトイレもあり、水場は10分程度下った所にある。その後歩けど尾根には上
がらず、沢に向かっている事に気づく。
  大天井ヶ岳に行く予定だったが、踏み跡が不明瞭で、看板に従い間違えたようだ。このコースは五番関に向かう在来道だった。沢
の登山道は崩壊しているところもあるが通れるように修復されていた。5
  5番関に着くとロープが張ってあり、今まで通ってきた道は通行止めになっていた。水場は沢の途中にしかなく間違えたのが良かっ
たようだ。今まで誰一人会わなかったが、テントを張り終えると2人組が5番関の登山口に降りて行った。女人結界門があり、山上ヶ岳
は未だに女人禁制になっている。    ●その二へ