◆増毛山地・奥徳富岳(1346m)

2013/5/19   メンバー Y澤・OM 他1名 タイム 5:30 ゲート→6:16 林道途中 6:30→7:26 終点→8:24 c609 8:45→
9:17 群別川(648東)→9:47 c759北西 9:57→10:55 c1069直下 11:23→12:13 南の肩直下、肩でシーデポ 12:30→12:57 山頂
→13:36南の肩から滑降開始→14:00 増田ノ沢出合→15:52 ゲート  登り 7:27 下り 2:16
 
  ドンヨリ曇り空。慌ててラーメンをすすり林道へと走る。残雪を走破し、ゲート前に駐車。予定よりも約1.5km短縮し、これで朝寝
坊もチャラか…c200付近の橋を越えるまでは、スキーを何度か脱着する。まもなく腹痛にみまわれ、やむなく休憩。山肌にはデブ
リがアチコチに見られ、林道も一部塞いでいる。終点からは崖っぷちをトラバース気味に川床へ下る。なんとか渡れた。
 
 c609へと平坦な尾根が続く。 いつしか青空。最初に左手に幌天狗、そして群別、最後に正面に目指す奥徳富が現れる。群別川
はc648の東側も西側もギッシリ雪が詰まっており、まったく不安はない。稜線へのルートはc1069からの西尾根の南側の沢筋を登っ
た。
高度が上がるにつれ、日差しも強まり、表面がグズついてきた。1069からはスキー場のような斜面が南の肩まで続く。山頂からは
360°ぐるっと増毛・樺戸山地の展望を満喫し、最後は1069からの急斜面に飛び込んだ。今年一番の大滑降だった。  <Y澤>

国道451号線〜両脇には残雪が目立つ。左奥には奥徳富岳、中央に知来岳が尖る






c609奥から群別川上流部の谷。群別岳と奥徳富岳


正面に奥徳富岳を見ながら進む


黄金山が低くなってきた


c1000で沢から西尾根にのっかる。遠景は幌内山や濃昼岳方面


群別岳南東面。群別川上部には岩峰の門が立っている


南の肩直下からの幌天狗


南の肩からの奥徳富岳山頂部


山頂からの暑寒別岳と西暑寒岳(左)


山頂からの南暑寒岳


山頂からの群別岳。右奥に雄冬山。右手前に延びるのは奥徳富との吊尾根


山頂から南の肩へ下る


中央に増田の沢出合。まだギッシリと雪で埋まっている。右奥が下流