◆蝦夷松山(667m)→雁皮山(743m)→雁皮山北峰(747m)周遊 

2012/12/2   参加者 moco 他5名  タイム 8:30 駐車場発→8:55 神山霊場奥の院→10:25  蝦夷松山→11:30
雁皮山(三角点)→12:45 雁皮山北峰→13:50 雁皮山→14:25 花の道分岐→15:40 駐車場着
  前夜、家を出ると外はいつのまにか吹雪いていて車がマシュマロになっていた。心配になりスノーシューを取りにもどったが、まさかの
事態を想定しプラブーツも積む事にした。なんせ、初めての山域…念には念を入れて軽アイゼンまで持ってしまった。テントは海風に吹
かれバタバタと音をたてていたが、安着祝ってほろ酔いで明日の山行の確認をする。どうやらこの聞いた事のない山は夏山ガイドにも
載っている地元民に親しまれている山だという事実が判明した。だがしかし地形図で見る限り、雁皮山には三角点のあるピークの他に
北峰もあり、ここを目指す事となった。
 
  朝、テントから出ると目の前に佐原岳が朝日を受け白く輝いていたが平地に雪は見当らない。函館のS口さんと合流しスパイク長靴
で出発した。途中神山霊場奥の院に寄りそれぞれに手を合わせた。直線的に続く作業道はかつての送電線の名残との事だった。そん
な話から、電信柱と電柱の違いについて話題になりなるほどの回答!!登山道らしくなるとやがて岩稜帯となり攀じ登ると函館を一望
できる山頂に着いた。そこから雁皮山まではアップダウンを繰り返し難なく到着。雪の中から三角点を探し出し、いよいよ本当の目的地
に向けて出発。夏の間は根曲がりが密集していて進むには勇気と時間が必須!!雪に倒されたこの時期だから、汗と息切れで北峰
に到着できました(^_^)v  帰路は花の道コースから下山した。今回の山行をもって今年の薮は漕ぎ納めとなる…はず。