◆869m峰 (点名・武華山) & 1052m峰 (点名・牟利以)

  本格的な降雪前の初冬期におけるヤブ山詣で≠フ第二弾。 以前、冬季に登ったことがある武華山(留辺蘂町)と牟利以(丸瀬布町)に登って
みた。期待はしていなかったが、両山とも展望はまったくなし。

869m峰<点名・武華山>   ●2012/11/13(水) 参加者 yoshida タイム 10:10 車止め発(cot.355m)林道歩き→10:43 斜面取付き(cot.47
                   0m)→10:58稜線コル(565m)→11:57 頂上 12:07 頂上発→12:57 林道(cot.470m)→車止め
  旧留辺蘂町、ツルツル温泉北側にある山のことである。南側山麓を林道が横断している。この林道を利用しようとしたが、入林禁止の立て看
板とロープが張られていた。取り外し可能なロープだったがちょっと躊躇、ここから数キロ(40分くらい)歩くことにした。そんなに時間がかかる山で
もなさそうなので。
  斜面の取り付きから稜線上はヤブが薄く歩きやすい。倒木は多いがさほど気にならない。また頂上近くになると岩が目立ってくるが、これもま
ったく問題ない。頂上からの展望はない。木々の間から武華・武利がチラッと見える程度である。三等三角点あり。

  

  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1052m峰 <点名・牟利以> 2012/11/16(金)  参加者 yoshida  タイム 09:00 車止め発(cot.480m)→10:48 cot.1000m→11:08 頂上→
                   11:24 頂上発→12:37 車止め着
  丸瀬布町、現在途中で閉鎖中の大規模林道最奥のゲートから左の分岐林道へ。間もなく取付き地点となる。沢沿いにルートを求めたが、見た
ところ尾根は急だが藪は薄そうに見えたため、思い切って尾根を歩くことにする。ほとんどがヒザ下程度のササ。しかし倒木はけっこう多い。
  標高750mあたりから急登が続く。積雪も深くなりヒザあたりまで。頂上に出ると展望はやはりなし。三角点もこの積雪では分からなかった。