◆東大雪山系・前天狗(1888m) 

2012/11/11   メンバー Y澤・他1   タイム 7:40 杉沢コース登山口→9:29 c1490(休憩) 9:48→12:03 前天狗(1888m) 
大休憩 12:41→13:34 天狗のコル(休憩) 13:47→15:30 登山口 / 登り4:04 下り 2:49

  登山口の気温は-6°、 凍って滑る丸木橋を渡ることから始まった。 歩き出しは硬く凍りついた地面。 木の根がやたらと滑る。
c1200を越えると雪道となる。 やがて完全にまっ白な世界となり、青空に樹氷が眩しい。 小天狗下の岩場を下から回り込むとコル
付近に泊組のパーティーがいた。
  前天狗の雪の斜面は硬くアイゼンなしでは直登は厳しい。 高度が上がってくると、 石狩岳の東面の山切カット模様が目を惹く。
やがて前天狗の奥に尖端を青空に突き刺したニペソツが見え出す。 稜線に上がるとウペペの北面も白と紺に塗り分けられ深い谷
がなかなか凛々しい。
  前天狗のコルまで来ると天狗から続く北尾根、東壁がハッキリと望まれ、 ここは本当に北海道かと思わせるものがある。 前天狗
の岩場を登り山頂直下まで行くとトムラウシ〜十勝岳連邦がグンと近くなり、 トムラ東面はトムラウシ川に刻まれ複雑な地形を見せ
、やはりどこから見てもオプタテはカッコいい。 岩場基部まで下り、 真昼の太陽の眩しさにとニペソツに目を細めながら飽きることな
く見続けた。遠く、芦別岳〜夕張岳も霞に島のように浮かんでいた。  <Y澤>