◆丸瀬布町 970m峰(点名・雨降山 970m) & 佐賀山 (805m) 


2012/11/5   参加者 yoshida   タイム  <雨降山> 08:44 車止め発(cot.710m)→09:16 沢形入口(cot.835m)→09:55 山頂→
10:40 頂上発→11:12 車止め  <佐賀山>12:02 車止め発(cot.375m)→12:46 上二股(cot.540m)→13:35 佐賀山頂上→13:50 頂上発
→14:30 車止め
  両山とも旧丸瀬布町の武利川を挟んで東西に位置する山。 展望など期待せずに登ってみた。 期待に違わない展望のなさであった。


  <雨降山> 点名の由来は不明だが、東側山麓に「雨降り林道」というのがある。
  上武利地区、湯の沢沿いの林道を目的の山に向かって入る。林道奥まで約10km、しっかりした走りやすい道だ。 道はさらに沢沿いに
続き、ひょっとして雨降山まで続いてるかもしれない、と歩いてみた。しかし雨降山の北側稜線で途切れていた。
  沢形の入り口まで戻り改めて仕切り直し。 腰から胸までのササ藪こぎだが、 大した苦労もなく平坦な頂上着。 西側は切れ落ちた藪。
三角点探しをするが、厚い落ち葉と密生したササでなかなか分からず、ここと思われるところを50分ほど探し回るがとうとう見つけること
は叶わなかった。
        ※車止めの近くに「岩勇冷泉」なる看板があるのを見つけた。よく見ると小さな沢の岩床からチョロチョロ水が湧いていた。名水というに
         はショボイ湧き方だが、飲んでみるとまずまずおいしかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  <佐賀山> 丸瀬布温泉から大規模林道 (途中で通行止め中)を留辺蘂へ抜ける砂利道へ。2kmほどで車止め。トムイルベシベ沢の支
流をルートにとる。 滑りやすい沢を遡行するうち地形上、 左岸に道がありそうな感じがして10mほど登るとやはり作業道があった。 崩れ
た道だが沢よりは歩きやすい。上二股まで利用して尾根を直上する。 灌木がうるさかったが50分ほどで頂上となる。 15分くらい探して、
ほぼ中央に三角点を見つける。近くの樹木に手製の看板が打ち付けられていた。    <yoshida>