◆十勝岳連峰〜アバレ川遡行〜 

2012/9/2  メンバー3名 (うち会員外2名) タイム 7:39 美瑛富士登山口P→8:02 入渓→9:48 c980大休止 10:13→11:14 大休
止 11:44→12:25 勝英ノ滝→高巻→12:59 沢身→13:10 登山道出合 13:33→15:00 望岳台(デポ車)    総行動時間9:21 登山道ま
で4:31(大休止除く) 望岳台まで1:27
 
  望岳台に車をデポし,美瑛富士登山口の舗装されたPから林道を西へ向かう.古い羆の糞が数カ所…涸沢,小沢を越えやや下り,二
股左を進むとアバレ川右岸沿いとなりまもなく終点.入渓する.すぐに沢は右屈しF1が現れる.その後も小滝,段差,ナメ,釜,ミニ函と忙
しい.水面が朝日に輝き眩しい.途中ゴーロ帯となりだれるが再び樋状の小滝・釜が続く.c980腹痛に襲われ,大休止.c1200あたりから
は大きく開けた谷間から美瑛岳の荒々しい火口壁が見え出す.c1350右股は北向沢となるが,出合は断崖の涸滝で実質二股はない.左
手奥には勢いよく水を噴出する勝英ノ滝が見えている.滝下から一端右岸の窪地に下り,笹と灌木の急斜面をはい上がり,何とか高巻い
たが,踏み跡をうまく見つけられなく苦労した.滝上からはごく普通の河原歩きでまもなく登山道渡渉点に合流した.昨年の大雨で深くえ
ぐれた北向沢を横切る地点には金属製の梯子が設置されていた.  <Y澤>