◆日高・1839峰 (1842m) 
 
2012/7/14〜16    メンバー 1名単独行   行動  <14日> 11:00コイカク 登山口→12:50 上二股→17:50 夏尾根頭
C1  <15日> 4:45 C1発→10:30 1839登頂→16:30 C1着  <16日> 5:45 C1発→8:15 上二股→10:45 コイカク登山口

〈14日〉 札内ダム横のゲートが閉まっていて、ここからコイカクの入渓地点まで5キロ近くの距離は自転車で行った。ほとんどトンネル
ばかりで非常灯しか付いていない。真っ暗な中を進む。歩くのは嫌だな。 コイカクシュサツナイ川は最近の増水時のものなのか、流
木が多かった。雪渓の上に流木が溜り、沢全体を覆い尽くしている箇所もあった。とても歩きにくい。
  上二股で水7リットルを担ぐ。夏だから多く持って行った方が良いと思ったが、これが仇になる。夏尾根を5時間もかけて登り、夏尾
根の頭でテント設営。重すぎる荷物を担いだ無理がたたって腰痛と背筋痛になる。テントの中で寝返りを打つ度に激痛。目が覚める。
結局水は2リットルしか消費しなかった(涙)。

〈15日〉 テン場を4時45分に出発。コイカクの山頂に一人用のテント一張り。まだ寝てるようだ。人の気配があったのはこの時だけ。
帰りにはこのテントなかったし、結局3日間人の姿を見ることはなかった。 6時間近くかけてようやく1839峰に登頂。しかし山頂から
はガスのため何も見えなかった。帰りが辛かった。ちょっと足を踏み外すと腰にビンと痛みが走り、藪を掴んで引っ張ると背中が痛む。
  12時間もかかってようやく帰還。昨日と同じくブロッケンのお出迎え。ナナシ沢を登ってきた雲が夏尾根の頭とコイカクの間の稜線
を越えてコイカク沢に降りてゆく。それに西日が当たって夏山の頭に居る私の影を虹の中に映し出す。

〈16日〉 4時半くらいに外に出るとコイカクへの稜線に鹿が4頭居て、こちらを見ていた。次の瞬間ナナシ沢への急斜面を駆け下りて
行った。鹿がいるんなら熊もいるんじゃないかな?と思って反対側の斜面をじっと目を凝らしてみると、茶色っぽい点が見えた。しばら
く注視していると、動いた!。朝食を作るのをやめて、そそくさとテントを片付け帰り支度。準備が終わったころにはもう熊の姿は見え
なくなっていた。お邪魔しました。   <孝>