◆日高・伏美岳(1792m)〜ピパイロ岳(1917m)〜1967峰

2012/6/2〜3  メンバー4名  行動 <2日>13:27 登山口→16:57 伏美岳,BC設営  行動時間3:30  <3日>4:30 BC→7:15 ピパイロ岳
→7:45 ピパイロ西峰→8:58 1967峰 9:30→11:00 ピパイロ岳 11:17→13:40 伏美岳 14:20→16:23 登山口 行動時間11:53  総行動時間15:23
(含む休憩)  ・登り 伏美岳まで3:30,ピパイロ岳まで2:45,1967峰まで1:43  ・下り ピパイロ岳まで1:30,伏美岳まで2:23,登山口まで2:03

  一日目 ぱっとしない空の下、二日間の山旅をスタートする。1合目を過ぎると徐々に急になり、滴る汗が目にしみる。雲が薄くなり、左手に妙敷岳
が見えてくる。山頂手前の残雪を辿り、妙敷が目線になってくると、左奥に白いカールを抱いた札内からエサマンにかけての稜線が青空に映えて美
しい。山頂に飛び出すと正面にピパイロ、左手に北トッタ、戸蔦別、幌尻…右手にチロロ、芽室、久山、剣…、谷間は雲海で埋まり、まるで海に浮か
ぶ島のよう。チロロに沈む夕陽を肴にビールがなんとも旨い!!!
  二日目 薄明るくなった外へ飛び出すと東の雲海のかなたに赤い帯が…上空には雲一つない。そそくさと朝食を流し込み、ピパイロへと向かう。
伏美岳からの下りは急勾配で帰りの登り返しが思いやられる。何度もアップダウンを繰り返すし、水場のコルからピパイロへの登りにかかる。残雪を
利用し、急斜面にステップを刻む。昨日エサオマンの奥に先っぽだけ見えていたカムエクが高い。
  山頂部でやっと現れた日高第三位の1967峰。残雪が綺麗だ。案外近い。西峰(1911m)へは主に狭い岩稜の南側基部を通過する。このあたりにツ
クモグサが群生している。2週連続して見れるとは!!.這松の中の踏み跡をたどり、1967東コルへ。c1800あたりから残渓を辿る。東斜面には急な大雪
渓が残っている。まさか帰りにここを下ることになろうとは…直下は結構な角度でけり込む足の膝が触れそうだ。直下の岩を攀じ登るとまさに360°
遮るもののない大パノラマが広がった。幌尻や戸蔦別がグンと近づき、西方には芦別、夕張、その間に屹立する夕張MH、カムエクのさらに左遠方に
は楽古かな〜どこまでも続く山脈に飽きることがない。やはり日高は奥深く、どこまでも尽きない。あっという間の30分。まだ9:30だというのにもう帰宅
時間…(涙)。長くて暑い帰路。伏美岳ははるか向こうだ…今度行くときはビールをもっとたくさん背負うぞ!!    <Y澤>