◆知床・ルサ〜知床岳縦走   (知床岳手前まで) 

2012/4/7〜8  メンバー 3名  行動時間 ・4月7日(土) 6:30 ルサフィールドハウス→9:30 ルサ乗越し→
12:00 ルシャ川 源頭尾根Cot530にてC1  ・4月8日(日) 6:00 C1→Cot735標高点通過→Cot770急登手前にてデポ →12:30
Cot1062付近にて撤退→13:30デポ地点→17:45相泊

<一日目>  3年連続で訪れたことになるルサ乗越し。今回はここから稜線を知床岳の方向 に歩く。朝から天気悪かったけど、稜線
に乗ったらだんだん風が強くなってきた。 ルシャ川源頭のコルから尾根に上がる途中で、目指す方向が真っ白で見えない。 この先
に進むと東側が急斜面になり、ホワイトアウトでは降りるのが難しい。 時間は12時でまだ早いがここで行動停止とした。私はあきら
めの早いリーダー だ。山岳会に入りたての頃、先輩にリーダーの仕事は撤退の決断をすることであ り、大事なことはそれだけだと
教わった。時間はたっぷりあったので風下の緩斜面を四角く切り出し、ブロックを積んで 三方の壁を高くして、要塞のような半雪洞を
作ってテントサイトとした。うたた ね、夕食、宴会、9時就寝。

<二日目>  6時出発。4時に起きたのに、このメンバーだといつもこうなってしまう。雲 に覆われていた空が徐々に青空に変わって
ゆく。テンションも上がる。786標 高点を越えて降りになるのでスキーをザックに付けてアイゼンに履き替える。 結局ここから帰りの
カモイウンベ沢下りまでスキーを履くことはなかった。やは り稜線歩きにスキーは邪魔だった。ただひたすら重い。いったい何のため
にスキ ーを担いでるんだろうと腹立たしくなるほどだ。  
  知床岳基部の大雪原にあがる急登の手前にスキーと泊まりの装備をデポした。 カリカリの急斜面を登る。 ハイマツが少し出てる
ところの方が深くピッケルが刺さるので少し安心だ。本当 に硬いところはピッケルが数センチしか刺さらない。  12時半で1062標
高点の少し先まで来たが、この後の時間の事を考えて撤 退することにした。日が陰ってくるとカリカリ度が増す。降りは危険だ。

  カモイウンベ川の支流を降る。源頭部に入って緩やかになってきて初めてス キーを履いた。カモイウンベから台地に登る通常ル
ートに大規模なデブリがあっ た。今まで見たこともないほどのデブリだった。あんなのに巻き込まれたらひと たまりもないだろうな。
おととしあのルートを日帰りで登って楽しく滑った。で もいつ雪崩が起きるか分からないんだな。  
  相泊に着いたら17:45。薄暗くなっていた。やっぱり無理しないで降りてよ かった。とりあえずルサ乗越から知床岳下までの国境
稜線は歩いた。これは知床 半島のだいたいの国境稜線を歩く旅。途中で少し途切れていたりショートカット している部分があって
も気にしない。   <孝>