◆サマッカリヌプリ (974m) 

2012/1/29(日) 小雪 メンバー 3名   タイム 8:30 里美3の沢林道入り口から歩行開始 → 8:40 尾根取付
 → 10:03 c612m → 10:54 林道出合c745m → 11:44 山頂,直下へ移動   12:07 下山開始 → 12:20 林道
c745m → 12:42 c612北側通過 → 一ノ沢側斜面の滑降 → 登り返し → 13:15 c590mコブで登路に合流 → 13:
28 c440mコルから三の沢林道へ下降 → 13:40 P 総行動時間 5:10 登り 3:14 下り 1:33 (すべて含休憩)

  8:30林道歩行開始.右に折れ,左に折れ,すぐに左前方の尾根に取り付いた.植林された針葉樹の森は遠目には真っ
黒だが,裾は空いていて案外滑りやすそうだ.尾根に上がると地形図では読みとれないような小さなアップダウンが多い.
それにしても空も足下もただただ白く,徐々にカバが混じるも何も見えない.どこまで行っても変わらぬ景色にややうんざり
…ときおり一瞬だけ日が差すも続かない.昨夜来の雪がとても軽く,ブーツを隠す程度だ. 
 
  ハッキリしない尾根をジグりながら進むとどうやら山頂のようだ.山頂には番人ようにすっくと一本松.あれだけ穏やかだ
ったのに,山頂は雪混じりの強風…寒くてしょうがない.何も見えない.当初旧スキー場方面へと下降する予定であったが,
降りていく尾根がわずかしか見えず,しかも幼木がうるさく生えている.あっさり諦め,来たルートからはずれないように滑る.
 
  c612の北東側(一の沢側)に格好の斜面が広がる.これを滑らぬ手はない.ある程度滑り進路を西にとる.シールをつけ,
登路の尾根へと登り返した.c440あたりから先に登り返しのコブがある.これを嫌い左の沢型へ滑降する.あっという間に
林道,そして車止め.登りもここを使うべきだったか…。    <Y澤>