奥手稲山(949m)〜つげ山(935m)

2007年2月24日〜25日  参加者 yoshida他5名  コースタイム <1日目> 08:35 車止め→11:35 山の家→12:50 奥手稲山 
→13:37 山の家(泊)   <2日目> 07:20 発→09:30 つげ山→10:45 車止め

  奥手稲の沢川に沿う林道入り口を車止めとしてスタート。人気のあるコースとみえて林道にはトレースがしっかりついている。約3時
間で山の家に着く。荷物を小屋内に置き、スイッチバックするように戻って奥手稲山を目指す。割と緩やかな斜面を1時間かからずに
山頂へ。ガスっていた天気が晴れだし、近くの山が見え出す。尖がった山は銭天と教えてくれた。日本海の海岸線もくっきり見え出し、
小樽方面は左方とか。登ってきた方向を見るとアンテナ群のある山は手稲山だという。すごい数のアンテナがニョキニョキ。北見で言
うと仁頃山のようだろうか。下りはアッという間に山の家に着く。

  翌日は往路を戻らずに「つげ山」という展望の良い山を回って下山するルート。山の家を辞し沢筋を辿って964m峰と994m峰とのコ
ルに出る。ここでつげ山へのルートをミス。逆方向の964m峰の裾を回ってしまう。途中で気付き修正、斜面をトラバースして正規の尾
根に乗る。後は忠実に尾根を辿ってつげ山のピークに着いた。特に際立つ特徴もないうえ標高もさほどないのに、つげ山頂上からの
展望は素晴らしい。快晴の中、白雪を抱いた山々がいっぱい見える。 <Y>