天狗岳北尾根
2007年3月4日    参加者 yoshida・W岡・K野・tosa・S藤   
  白滝高原キャンプ場の近く、クワキンベツ川の交点をスタートし、同川沿いに歩く。30分ほどで北尾根から派生する尾根に取り付く。896m
標高点を通過、北尾根の直下は急斜面が続き、雪崩に注意するが雪質は安定していた。
  北尾根は西風によって巨大な雪庇が発達、雪庇の小さいところを崩しツボで1105m標高点の北尾根に乗る。ここまで約2時間の行程。ここ
からは西風の影響で波打った尾根上を坦々と進む。1197m標高点、1338m標高点を通過、1454m標高点近くに来るとガスが切れ出し、陽が
差し込む。天気は良くないが風がないのがいい。天塩岳と思われるピークが少し見えたが、近くのチトカニウシは見えない。晴れていれば絶
景が広がるが・・・。
  尖がりピークの1454mに着くと、岩尾根が前方に続いている。スキーはここまで。この先は細い稜線の上、雪が不規則な付き方をしていて
スキーは使えない。スキーを担いでツボ足に切り替える。ところどころハイマツの根の穴にスッポリ埋まったりするが順調に岩稜帯に着く。岩
場は高さ7〜80m、距離にして約300mくらい。これを登りきると天狗岳の頂上は目の前にある。そのままツボ足で左手から巻くように頂上に
出る。下りは前天狗、小天狗と尾根をつないで北大雪スキー場をシューッとひと滑りだ。    <Y>