俣落岳(1004m)

2007年2月10日〜11日 参加者 yoshida・O塚・saito・mi 行動 <10日>11:45車止め(国道244号)14:10テント 
場(cot.355m三股)泊    <11日>06:20テント場発→07:25 697m標高点→08:35頂上→08:40 頂上発→09:35 テント場着 
10:00 テント場発→11:50 車止め ・登り 2時間15分(国道〜テン場2時間25分) ・下り 55分(テン場〜国道1時間50分)

  この山の冬季ルートとすると頂上から北に延びる尾根がいい。緩やかで広く、登りも下りもさほど苦にならない。ただし取り
付き点まで約6kmの平坦な林道歩きが嫌らしい。
前日は国道244号の駐車帯に車を置いてスタート。すぐにルベス林道へ。雪は深いがスノモが二台入っていてラッセル不要
かと思ったが・・・。走行跡が左右に蛇行していて歩きにくい。(ここはスノモ禁止の立て札が出ていた)。それでも2時間ちょっ
とでテント場予定の砂金沢出合いに着く。もう少し奥に進んで左側の「砂金沢林道」入り口、橋のところでテン泊する。

  翌朝は雪。夜から雪になったようで既にテントはうっすら雪が積もっていいる。忠類川に架かる砂金沢林道の橋を渡り、北
尾根の末端部を回り込んで尾根に取り付く。直に尾根上に上がり小さなアップダウンもあるが北尾根を坦々と進む。徐々に
尾根が広がり樹勢が変わってきて、頂上が近いことを知る。斜面もクラストしてきてひと登りで頂上となる。この天気では何も
望めないことは分かっていたが、やはり何も見えない。頂上部は風が強く、風雪模様なためすぐに下山に移る。下りは緩く広
い斜面を思う存分滑りまくる。     <Y>