南日高・広尾岳(1231m)〜北面直登沢〜

                                                 ●2014/9/21   メンバー N川・政子・S貝・孝
  最終ダムの先500m地点で林道が崩壊していた。そこに車を置いて出発。Cot290位の所で川に降りる道がある。そこから少し降ると
北面直登沢の出会いがある。踏み跡の残る川原を歩いていたら、古い看板を発見。字はうっすらとしか残っていないが、広尾山岳会・
昭和41年・登山道と読み取れる。

   

  Cot450で大きく左に屈曲した沢は550で右に曲がり元の方向に戻る。そこまでは鹿道、巻道を歩いて殆ど水の中には入らなかった。 
最初の700の滝の中断で滑りそうで嫌な箇所がある。あとは850の最後の滝まで問題なく登れる。滝中でも巻くのもルートは自由に選
べる。950二股を超えると水がチョロチョロのガレ場になり、水が切れると歩きやすい草付きの沢型となる。最後の笹薮漕ぎが結構きつ
いが、30分程で踏み跡の残る稜線に出た。
山頂は快晴無風、大パノラマ。北には楽古岳などの南日高の山々が見える。南には十勝港の向こうに太平洋が広がる素晴らしい眺
めだ。20分程休んで下山。

  

  降りはところどころ広尾山岳会の作った登山道と思しき踏み跡が残っている。特に1000から776の間の白樺林の中を通るところはしっ
かりと道が残っていて、とても良い雰囲気だった。 776標高点から左の尾根筋を降りて西広尾川に戻った。 久々の行動時間8時間超え
の充実した楽しい山行であった。   <孝>

●タイム 6:00車→6:20北面直登沢に入る→8:15Cot700最初の滝→9:00Cot850最後の滝→10:40山頂11:00→12:00Cot776標高点よ
り左の尾根に降りる→13:00小川で休憩13:15→14:00林道→14:25車