ホロカ山(1166m)

2006年11月4日    参加者 yoshida   行動時間  ・登り 2時間17分  ・下り 1時間06分

  ホロカ山は国道273号線を挟み、前日に登った1185m峰(点名・多牛別)の西方に位置している。山麓から見上げると樹木が生い
茂っているのが分かり、展望は期待できないのが伺える。頂上から北東に延びる尾根をルートにとる。部分的にヤブの濃いところ
もあるが、中間部あたりの低いササ尾根上はやや見晴らしがよい。クマネシリ山系がよく見える。頂上部は腰くらいのササに覆わ
れ、樹木も多い。三角点もササの中に埋もれていた。          <Y>
    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1185m峰(点名・多牛別)

2006年11月3日    参加者 yoshida    行動時間  ・登り 1時間21分  ・下り 38分

  この山は東大雪山系、糠平湖の北に位置している。糠平湖周辺には有名無名の山が多い。有名どころではニペソツ山、
石狩岳、ウペペサンケ山だが、他にも1000mを少し超える手ごろな山が散在している。この山もそのひとつ。北側の急な斜
面を登り詰めて頂上へ出るが、ヤブは薄く意外にも登りやすい。ところどころ作業道も出てくる。頂上部はきれいに樹木が
伐り払われているが、測量か何かの為だろうか。展望は東大雪の有名どころが見えるはずだが、あいにくこの日は雲がか
かり展望はイマイチであった。樹木は全部伐られているわけではないので、晴れたとしても大パノラマが広がる・・とまでは
 いかないような気がした。頂上にはタウシュベツ山≠フ手作り看板があった。          <Y>