◆サマッケヌプリ(898m)  屈斜路湖外輪 津別町上里

   ●2010/12/  11(土)晴れのち曇り 参加者 kuriki・さよ子・yoshida  
      タイム ・登り50分 ・下り30分  林道歩き〜往き20分、帰り15分 (車止め発10時15分、車止め着12時15分)

  津別フォレスタは「ランプの宿 森つべつ」と名称を変えて営業していた。森つべつから続く林道を四駆車で南東へ入る。林道が大き
くカーブする箇所に駐車。積雪10〜15センチといったところか。林道を徒歩で20分。雪を蹴散らすとサラサラと気持ちのいい音がする。
草木にも樹氷が付いている。時々太陽も顔を出しひんやりした空気が一段とおいしい。
  C620mよりサマッケヌプリの北西尾根に取り付く。霜が張り付いた笹につかまりバリバリと豪快な音を立てながらヤブに突入。C700
m辺りからだんだんと急になり息があがる。つかむとぽきぽきと折れる笹や木の枝につかまりながらぐんぐんと高度を上げ進むと、しだ
いに緩やかになり頂上へと導かれた。頂上にあるはずの立派な看板はなくなり2本の支柱があるのみ。その横には一等三角点が鎮座
していた。雲がかかり頂上からの眺め無し。   <さ>