ルクシ峠から仁頃山縦走

2006年4月8日   メンバー 6名   行動時間 9時間34分

  仁頃山は頂上から派生する尾根のほとんどに踏み跡を残しているが、未踏だったのが北からのルート。それはルクシ峠から
全長約15kmのロングルート。北見市と佐呂間町の境界尾根となるこの稜線は、標高は低いが枝尾根が交錯し、なかなかルート
取りが難しい。また大小のピークが地形図上だけでも25を数え、地図でつかめないコブも含めると有に30は超える。このルート
 に所属の山岳会メンバーで挑戦してみた。

  雪の締まる春山の時期を見計らってこの計画を組んでみたが、4月の二度に渡る大雪で厳冬期並みの積雪状態。しかも暖気
でスキーに雪がまとわりつき、春山とはまったく名ばかり。悪戦苦闘の末、9時間30分で北尾根ルートを歩き通した。   <Y>