1107m峰(点名・南富士)

2005年5月31日    参加者 yoshida    行動時間  ・登り 2時間02分  ・下り 58分

  この山は道東の留辺蕊町富士見地区にあり、北海道100名山・北見富士(1,291m)の南東方向に位置する。「南富士」は山名ではなく、
三角点名である。国道39号線を石北峠から下ってくるとこの山がよく望見できるが当然登路などなく、国道脇から斜面に取り付いて山頂
を目指すことになる。途中の作業道から北大雪の山並みが展望できるが、頂上は樹木に覆われ眺望は期待できない。   <Y>

  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
622m峰(点名・奔武華)

2007年1月16日  参加者 yoshida  行動時間  ・登り 1時間17分  ・下り 35分

  この山は北見市留辺蘂町の金華峠の北に位置している。峠を通過する国道242号線からも見えるが、全体にヤブがかかって
いる。しかし、ルートはスキーに適した疎林となっているほか、頂上部は北が開けている。二等三角点が設置され、下りのスキー
 は楽しめる。
  金華峠下、国道の林道入り口に車を止める。林道を横切って前方に見える奔武華を目指す。奔武華川はスノーブリッジが随所
にあり、難なく横切る。疎林の中を徐々に高度を上げていくと、先ほどの林道が大きくカーブを描いて再び現れる。さらに高みを
目指していくと作業道とつながる。この道は東側に延びており、大きく山腹を巻いているようだ。 道を離れ北斜面を登った方がよ
い。さほど時間もかからずに反射板のある頂上に出る。奥に行くと三角点を示す表示板が立っている。ここは二等三角点が設け
られている。反射板の場所に立つと北が開けているが、残念ながら北方は山らしい山がない。生田原の摺鉢山が見える程度だ。
 西方は樹木が混んでいる。        <Y>