ソウキップヌプリ(1026m)

2005年3月19〜20日  参加者 yoshida 行動時間 一日目林道歩き ・3時間18分 二日目  
                ・登り 3時間24分 ・下り 1時間20分・テント場〜車止め1時間59分

  道東の標津町、中標津町には1,000m内外の小山が点在するが、いずれも小粒ながら山容に魅力的な山が多い。武佐岳(1,006m)から
西に延びる稜線上にひと際高い山が存在するが、それがこの山。地形図等に「ソウキップヌプリ」の山名は一切記されておらず標高のみ
表記されているが、地元の岳人らはこの山をこう呼んでいると聞いた。北東側から忠類川の支流、ソウキップカオマナイ川が流れている
がその一部を頂いたのだろうか。そのあたりはよく分からない。頂上からの展望は最高である。        <Y>
  
朝焼けの斜里岳(左)   海別岳(右)

  
俣落岳(左)と斜里岳(右)

  
俣落岳(手前)とサマッケヌプリ山と奥に標津岳