◆924.5m峰 (点名・拾八號沢)
2011年11月26日(土) 晴れ時々曇り
  北見市留辺蘂町、温根湯温泉「道の駅」の北に位置する。国道39号からはその姿は見られない。三等三角点があり、点名は
「拾八號沢 (じゅうはちごうさわ)」。無加川に注ぐ18号沢川が山麓を流れ、その名をとっているのだろう。また温根湯と丸瀬布町
や旧生田原に通じる林道が走り、今回は北側の旧生田原と南側の温根湯から林道を入り、両方向からこの山を登ってみた。

◆生田原側ルート  メンバー 8名  タイム 9:40出発 →11:00〜11:20山頂→12:15下山
  キララン集合、二台の車に分乗して出発。本流林道を約1k、左折して18号沢林道を進む松ノ沢との交点に車を置き、松ノ沢
沿いに登山開始、笹は概ね胸までの高さ。所々背丈越える。こんもりと盛り上がった所が山頂だった。笹に埋もれる三角点は直
ぐにわかる。山頂は木立に囲まれ展望悪い。    <T>
三等三角点 頂上で参加者8名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆温根湯・18号沢林道ルート    メンバー yoshida   タイム ・登り 57分  ・下り 44分
  温根湯道の駅付近から林道を約8km入ったcot.680mが入山口。近くに砂防ダムがある。やや広い作業道から沢地形に入り
ヤブ漕ぎ開始。下部は背丈くらいのササでやや難儀。急斜面になると歩きやすくなって、直に頂上に出る。   <Y>
林道上標高750mあたりから望む925m峰 車止めから広々とした沢形を行く 下部はややヤブが濃い 頂上近くなると斜面はに急になる