◆無類岩山 (1613m)

2011年11月7日(月)     参加者 3名    タイム ・登り 3時間14分  ・下り 2時間39分
  11月というのに雪がない。北見管内の最高峰・武利岳(1876m)も沢筋に白いものが見えるだけ。無類岩山(むるいいわやま)は
近いこともあって、当会会員らが精力的に南側や北側から幾度も上がっている。最近はネットで紹介されて以後、入山者が増え
 ているようだ。

  14ノ沢沿いの林道の最奥部で車止め。ここからほぼ沢沿いに上部を目指していく。沢は滝らしい滝は皆無だが、ヌルヌルと
滑りやすい。登山靴だと濡れが気になるため、スパイク長靴か沢靴がいい。上部はヤブが濃くなっている。ここがこの山の最大
の難所?か。うまくルート取りをすれば頂上近くに出るが、外れると山頂は遠くなる。
  今回は曇り空の中の行動であったが、頂上に出ると時おり陽が差し、武利岳がクッキリ。おまけにブロッケン現象にも遭遇す
るなど、ダメもとの行動がうれしい誤算となった。山の天気は登ってみないと分からない。   <Y>


1080m三股


cot.1250mあたり


無類岩山頂上から南峰を見る


無類岩山頂上を下りて南峰を目指す


南峰頂上に現れたブロッケン現象




無類岩山頂上から武利岳


雲間に姿を見せるニセチャロ


武利岳の稜線