◆知床山系・イダシュベツ川右股

2011年8月27日〜28日     メンバー 6名    タイム  ・27日 6:20 入渓−6:45 C350右股−7:45 C56
0滝−8:45 C670大岸壁−10:45 C810洞窟の滝−12:30 C920二股左へ14:00 C1170二股右へ−15:00 稜線
1320着    ・28日 6:00 発−10:30木下小屋

 イダシュベツ川はcot.350mで右股に入ると急に水量が減った。しばらく穏やかな小川のような渓相が続く。cot.560mです
だれ上の滝が出現する。30メートルはあろうか。左岸のガレ場を高巻く。滝口へトラバースするのは無理。さらに藪漕ぎで高
巻くとcot.600mの滝の上に出る。沢床に降りた。柱状節理を横に寝かしたような枯れた岩盤の沢床だった。まさかここで水
が枯れるなんて。伏流になっていてそのうち復活するだろうと思っていた。しかし我々が流れる水に再び出会うのは翌日の
弥三吉水だった。

 cot.810mの洞窟の岩壁で岩清水が滴り落ちていた。ポタポタ落ちるしずくを辛抱強くプラティパスに一人2リットルくらいず
つ水をためた。ここで水を汲んでいなかったら干上がっていただろう。 cot.920m二股で右股の先にかなりの大岩壁が見え
た。「これはまた高巻きだな」と思ったので、やめて左股に行くことにした。水を背負って重くなったザックでもう高巻きはしたく
なかった。 稜線に出るときに40分くらいのハイマツ漕ぎがあったが、15時には稜線に着いた。   <孝>


入渓して2〜30分後には右股へ入る


cot.560mの大滝。左岸を大きく巻く


F1を高巻き沢に下りると水がない・・直に現れるだろうと思ったが


グルッと岩壁に囲まれたcot.670mの涸滝


涸滝の落ち口を見る


この滝は手がかり足がかりあり


洞窟が折り重なったような涸滝。ここで糸のように滴り落ちる水を見つける


cot.860mのゴルジュ


稜線に出る


サシルイの登り。背後はオッカバケ岳。奥に硫黄山


サシルイ岳から三峰と羅臼岳