◆植別川 〜標津町崎無異〜

2011年7月31日      メンバー 5名     ●タイム 08:00 下流橋(cot.80m)発〜08:56 二股(沼山川との分岐)〜09:45 
上流橋(ウナベツ橋、cot.130m)  ・ウナベツ橋から約2.2km移動 11:00 沼山川へ下降〜11:20 二股(沼山川と梅峰川との分岐)
〜11:45 橋(cot.120m)〜12:00 車止め着 

 地形図に函マークが5kmほど続くこの川に初めて挑戦。最初から歩いてみようと、今回は最初の橋(cot.80m)から二つ目の橋「橋
名・ウナベツ橋」(cot.130m)まで2kmちょっとを歩く。思ったほど川原歩きが多く、滝は皆無。へつりはそこそこ。釣り人だろうか残置
ロープがぶら下がっているところもあった。首まで没するところ数箇所あり。泳ぐこと2度。橋から橋まで2時間程度で終了。時間は
午前10時前。焚き火をして体を温めてみたが、なんかスッキリしない。
 そこで場所を移動して、同じ植別川の支流、沼山川へ入る。橋の上から下を覗くと面白そう。地形図の梅峰皮に架かる橋から1k
mほど下流の林道へ移動し、小沢を伝って行くと滝になっていた。ロープを使って川床に下りる。ここも本流と同じように川原歩きが
多い。へつりも楽しみながら行くと、最後の辺りで面白そうな場面に出る。流れが急でへつりも微妙、やや深い。S山さん身を没して
右岸の石をつかみながら前進を試みるが果たせずチン。再度のアタックも実らなかった。ここで終了とする。   <Y>
                                                                    
 

 

 
残置ロープが垂れ下がっていたポイント。水深はかなりある(左)    岩の突起をつまみながら静かに移動。石がはがれることも(右)

 
難場をなんとかクリア(左)        川床に下りる(右)